診療案内・科目

胸腺腫

概要

胸腺腫は犬猫では比較的稀ですが、「前縦隔」と呼ばれる部位に出来る腫瘍では最も発生が多い良性の腫瘍です。基本的には被膜で覆われており非浸潤性ですが、時に周囲の臓器へ浸潤を示すことがあります。
良性腫瘍ですが、非常に稀に遠隔転移を認めることがあります。2番目に発生が多い前縦隔腫瘍はリンパ腫であり、その他、稀ではありますが異所性甲状腺癌、鰓性嚢胞、ケモデクトーマ、異所性上皮小体癌、胸腺癌などがあります(表−1)。

表−1.前縦隔に発生する主な腫瘍

前縦隔に発生する腫瘍
胸腺腫
リンパ腫
異所性甲状腺癌
鰓性嚢胞
ケモデクトーマ
異所性上皮小体癌(稀)
胸腺癌(稀)
胸腺嚢胞(猫)
悪性腫瘍の転移

胸腺腫はどの年齢でも発生しますが、高齢(平均約10歳)の犬猫での発生が一般的です。発生原因は、未だ不明です。

胸腺腫による症状は、無症状から非常に重度な呼吸困難まで様々です。胸腺腫が大きくなり周囲の臓器を圧迫すると、元気消失、発咳、吐出、頻呼吸、呼吸困難を呈します。
時に、胸水が貯留すると、重度の呼吸困難などで致命的になることがあります。また、稀に、前大静脈症候群が起こることがあります。これは腫瘍により前大静脈が圧迫され、頭頚部や前肢の静脈がうっ血して、浮腫んでしまうことです。

さらに、胸腺腫では腫瘍随伴症候群の発生が一般的であり、犬での発生は約67%です。腫瘍随伴症候群には、重症筋無力症(GM)、剥奪性皮膚炎(写真1)、高カルシウム血症、リンパ球増加症、貧血、多発性筋炎があります。
特に、GMは胸腺腫の犬の40%で起こり、また、猫でも起こることが知られています。重症筋無力症により巨大食道が起こると、誤嚥性肺炎が約40%で併発します。腫瘍随伴症候群はいつ発生するか分からず、診断前、診断後、時には胸腺腫の切除後に起こる場合もあるので注意深い経過観察が必要です。

写真1.剥奪性皮膚炎(胸腺腫の猫、毛刈り後の写真)

ページの先頭へ

診断

胸部レントゲン検査にて、前縦隔部分に腫瘤状の陰影(写真2−a、b)を認めた場合、本当に胸腺腫なのかどうかが重要です。前縦隔に発生する腫瘍は、表−1に示した通り胸腺腫以外にもありますので胸腺腫なのかどうか細胞診検査、もしくは組織検査が必要です。

写真2−a.胸腺腫の犬のレントゲン写真
気管が腫瘍により挙上している(赤矢頭)

腫瘍により心陰影が不明瞭

写真2−b.胸腺腫の猫のレントゲン写真

胸腺腫では、無症状から重度な呼吸困難まで様々な症状を示します。また、胸腺腫の特徴のひとつとして、重複腫瘍の発生が多いことが分かっているため、丹念な全身精査をおこない、腫瘍随伴症候群や他の腫瘍の有無の確認をすることが重要です。
特に、胸腺腫が手術によって切除可能なのかどうかの評価にはCT検査が必須です。このCT検査により、前縦隔周囲の重要な血管や臓器との関連性がある程度把握できます(写真3)。

写真3.胸腺腫の猫のCT画像
腫瘍により心臓が背尾側に押しやられている

ページの先頭へ

治療

胸腺腫の治療には、外科手術、放射線療法、化学療法がありますが、一般的に、切除可能な場合の第一選択は、外科切除です。外科治療がこの3つの治療法の中で唯一の根治的な治療法です。但し、麻酔をかけることが出来ないほど呼吸状態や全身状態が悪化している場合には、化学療法を組み合わせることがあります。化学療法により、腫瘍をある程度縮小させる、または腫瘍随伴症候群の症状を改善させてから手術を実施することもしばしばあります。

放射線療法の反応率(完全に消失または部分的に縮小する率)は75%です。
当院では放射線療法は実施できませんので、ご紹介させていただきます。

化学療法に関しては、胸腺腫の犬に対して高用量のプレドニゾロンの投与で長期間の効果があったという1例報告はありますが、単独治療でのまとまった報告はなく、効果はよく分かっていません。一般に化学療法単独で完全に腫瘍が消失することは稀であり、一時的に縮小しても再増殖の危険性があります。

ページの先頭へ

予後

巨大食道による誤嚥性肺炎のない切除可能な胸腺腫の予後は非常に良好です(表−2)。
外科切除が困難な理由として、犬猫の状態が悪すぎる(例えば、誤嚥性肺炎、重度の腎不全や心不全がある等)、胸腺腫が周囲へ浸潤している(特に前大静脈への腫瘍栓の浸潤(写真4))ことが挙げられます。

表−2.胸腺腫の外科手術後の生存期間

中央生存期間 790日 1825日
1年生存率 64% 89%
3年生存率 62% 74%

写真4.浸潤性胸腺腫の犬のCT画像と術中写真
造影された前大静脈内に腫瘍栓が認められる(黄色矢印)

前大静脈内に認められる腫瘍栓(青色点線で囲んだ部位)

放射線療法の効果も外科手術ほどではありませんが、良好です。但し、ほとんどの症例で化学療法を併用しています(表−3)。

表−3.放射線療法後の生存期間

中央生存期間 248日 720日

来院時にすでに呼吸困難を呈しているような場合には、胸水貯留、腫瘍が非常に巨大、(巨大食道による)誤嚥性肺炎を起こしている可能性があるため、検査する際に、さらなる呼吸困難を引き起こし致命的になることもあるため注意が必要です。
胸腺腫は、良性の腫瘍であり転移することは一般的にはありません。しかし、放置して巨大になる、または腫瘍随伴症候群が起こると命を脅かす腫瘍です。
早期発見がなによりも肝要です。中年齢(7歳以上)を超えるくらいから、年に1回の健康診断を心がけるようにしましょう。

ページの先頭へ

ページの先頭へ戻る