診療案内・科目

がん治療

がん治療

がん治療

近年、ペットの高齢化に伴い『がん』を患う愛犬や愛猫が増えており、犬で約半数、猫で約1/3が、がんで死亡するといわれ、死因のトップとなっています。しかし、最近の獣医腫瘍学の発展は目覚ましく、以前では、治療不可能であったがんも治療可能となっており、今もなお世界中の獣医師により、進歩しています。

がんを患ってしまったペットのご家族にとって、「愛犬や愛猫とできるだけ元気な状態で楽しい時間を長く過ごしたい」というのが一番の願いであると思います。そのご希望に応えることが、私たちの役目であると考えています。また、最近では、人医療と同様な治療をしてあげたいという飼い主さんも増えており、松原動物病院では、そういったご家族のご希望にもお応えできるよう、常に最新の情報や治療法を取り入れ、日々、愛犬・愛猫のがん医療の発展に努め、満足度の高い医療を提供できるよう努力しています。

当院には現在、井上、小山田、中川、齋藤の4名の腫瘍科認定医が所属しています。
現在、愛犬・愛猫の腫瘍(がん)で、不明な点や不安をお持ちの方は、どうぞお気軽にご連絡ください。

今後、このページでは、各種腫瘍の診断や治療について実際の写真を交え、情報を提供していく予定です。

専門診療を希望される場合、専門診療費用がかかります。
腫瘍科認定医の診察、及び、眼科専門医の診察を希望される方が対象です。内容についてはお電話でお問い合わせください。

腫瘍科担当 小山田

ページの先頭へ

ページの先頭へ戻る