診療案内・科目

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

最近ではダックスフンドやウエルシュコーギーなど胴の長い犬種が人気です。

これらの犬種は軟骨異栄養犬種といって、椎間板物質が変性を起こしやすく、椎間板ヘルニアになり、主に後ろ足(首の脊髄がやられると前足も後ろ足も麻痺しますが)が麻痺してしまうことがあります。重度になると痛みの感覚まで麻痺してしまい、そのような状態では緊急手術が必要になります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ戻る