診療案内・科目

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術とは…?

腹腔鏡システム腹腔鏡システム

腹腔鏡手術とはトロッカーといわれる器具を用いて体内に内視鏡カメラや手術器具を入れ、モニターに映し出された映像を観察しながら行う手術のことです。

医学領域では胆嚢切除術や胃がん摘出手術、子宮がん摘出手術などの数多くの手術に用いられています。

切開の大きさは3mm~1cm程で傷が小さく、負担が少ないのが大きな特徴です。

ページの先頭へ

腹腔鏡手術のメリットとデメリット

5mmのトロッカー5mmのトロッカー

メリット

  • 傷が小さく、痛みが少ない
  • 手術がより視覚的に行える(出血の確認など)

デメリット

  • 高度な技術が必要
  • 過去に開腹手術などを行ったことがある場合、臓器の癒着などにより開腹手術に切り替える事がある
ページの先頭へ

当院で可能な腹腔鏡手術

  • 避妊手術(卵巣子宮摘出術、卵巣摘出術)
  • 停留睾丸摘出術
  • 膀胱結石摘出術
  • 予防的胃固定術
  • 生検(肝臓、膵臓、腎臓、脾臓、腸管…)
ページの先頭へ

ページの先頭へ戻る