診療案内・科目

インターベンション治療について

インターベンション治療とは?

インターベンション治療とは、「低侵襲治療」「血管内治療」などとも呼ばれ、エックス線透視や超音波像、CTを見ながら、手術することなく、皮膚にあけた数ミリの傷から細いカテーテルや針を体内に入れて病気を治す新しい治療です。
よくメディアで紹介されている、狭心症や心筋梗塞の治療で、細くなった血管をバルーン(風船のようなもの)で広げたり、その後、再狭窄しないようにステントを設置したりする治療もインターベンション治療の一種です。
インターベンション治療は、大きくメスをいれる手術を必要としないため、身体に与える負担が少なく、病気の場所を正確に治療でき、回復が早いため入院期間も短縮できるなど優れた特徴をもっています。

インターベンション治療は、一般に血管系と非血管系があり、当院で現在のところ実施可能なインターベンション治療には以下のものがあります。

血管系では…

  1. 腫瘍(がん)に対するカテーテルを用いた動脈塞栓術
  2. 直接腫瘍(がん)を栄養している動脈にカテーテルを進めて高濃度の抗がん剤を注入する動注化学療法、リザーバー留置術
  3. 血栓溶解術
  4. ステント留置術
  5. 動脈管開存症に対するACDO、あるいはコイル塞栓術
  6. 肺動脈狭窄症に対するバルーン弁口拡大術
  7. ペースメーカー植込み術

非血管系では…

  1. ステント留置術(尿管ステントや尿道ステントなど)
  2. バルーン拡張術(尿道、食道、直腸など)
  3. CTを見ながら針を進めて組織を採取して診断する生検術
  4. 各種ドレナージ
ページの先頭へ

ページの先頭へ戻る