診療案内・科目

心臓病の治療

犬・猫の心臓病に対する治療は現段階では内科的治療、つまり薬物による治療が主体となります。犬・猫の心臓病に対する薬物治療は根治治療ではありません。またその治療は一時的なものではなく生涯必要なものであり、定期的な検診によりその時々の病態を把握する必要があります。
しかし、犬・猫の心臓病の種類によっては外科的な処置も可能な場合があります。例えば、動脈管開存症は開胸により直接動脈管を結んで血管を遮断する手術法だけではなく、肺動脈弁狭窄症などの犬・猫の生まれつきの心臓病とともにカテーテルを用いた身体に負担の少ない治療であるインターベンション治療も可能です。
今日では人工心肺装置を使用した開心術により、慢性弁膜症、心室中隔欠損症等の様々な犬・猫の心臓病が外科的に治療可能となってきています。犬・猫の心臓病の治療に関してご不明な点がございましたら是非一度お問い合わせください。

心臓のインターベンション治療

インターベンション治療とは、心臓、血管などの病気に対してカテーテルを用いて行なう治療です。
カテーテルを皮膚に開けた小さな穴から血管に挿入して、その操作により病変にアプローチします。
以前まで獣医学領域では、直接的に胸を開いて手術を行うことしか出来なかった心臓病も、技術の進歩により傷が小さく痛みの少ないカテーテルを利用した治療が数多く実施可能となって来ています。
当院では動物への負担が比較的少ないこのインターベンション治療(カテーテル治療)に力を入れています。
インターベンション治療の例としては、動脈管開存症に対する
Amplaz Canine Duct Occluder(図1)またはDetachable Embolization Coil System(図2)
を利用した動脈管塞栓術、肺動脈弁弁性狭窄症に対するバルーン弁口拡大術、洞不全症候群・房室ブロックなどを含む徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術などが実施可能です。
※動物では、ヒト医学領域で実施されているインターベンション治療とは異なり、全身麻酔が必須となります。


図1:Amplaz Canine Duct Occluder
(Infiniti Medical社のホームページより引用)

図2:Detachable Embolization Coil System(COOK社のホームページより引用)

図3:動脈管開存症の犬の選択的血管造影画像

図4:Detachable Embolization Coil Systemを動脈管内に設置している画像

図5:Detachable Embolization Coil System設置後、動脈管による遺残短絡がないかを確認するための選択的血管造影画像


図6:肺動脈弁性狭窄症の犬における肺動脈の選択的血管造影を行っている画像

図7:バルーンカテーテルにより狭窄部の拡張を行っている画像

循環器科担当 高智 正輝

参考文献

  • 小動物の心臓病学(Medical Science) 
    Mark D.Kittleson、Richard D.Kienle 著
  • MANUAL OF CANINE AND FELINE CARDIOLOGY(interzoo)
    Larry P.Tilley、Francis W.K.Smith,Jr.、Mark.A.Oyama、Meg m.Sleeper 著
  • 犬と猫の心エコー図検査のABC(interzoo)
    柴崎哲 著
  • 犬の動脈管開存症-診断と治療-(interzoo)
    若尾義人、藤井洋子、青木卓磨、今村伸一郎 著
 

ページの先頭へ戻る