診療案内・科目

心臓の構造と働き

心臓とは、生命の維持に必要な血液を全身に送り出す重要な臓器で、規則的に収縮と弛緩を繰り返し、血液を送り出す筋肉からできています。
犬、猫の心臓はヒトと同じく、右心房、右心室、左心房、左心室の四つの部屋からなり、各心房および心室の間は中隔によって分けられています。
左心室から全身に血液を送る動脈を大動脈、右心室から血液を肺に送る動脈を肺動脈といいます。 血液の流れは、右心房→右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房→左心室→大動脈の順番で流れます。
この血液の一連の流れは正常な心臓では入れ替わることがなく、それを可能にしているのが、それぞれの部屋の間に存在する弁構造です。
心臓内に弁は4つあり、右心房と右心室の間に存在する三尖弁、右心室と肺動脈の間の肺動脈弁、左心房と左心室の間の僧帽弁、左心室と大動脈の間の大動脈弁があります。

ご紹介状フォームをダウンロード頂き、ご記入の上ご家族様にお渡しください。

ダウンロードはこちら

循環器科担当 高智 正輝


ページの先頭へ戻る