診療案内・科目

慢性弁膜症(特に僧帽弁閉鎖不全症)

どんな病気?

僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁と呼ばれる左心房と左心室を分ける弁の閉鎖が障害され、左心室から左心房へ血液が逆流してしまう病気であり、犬で最も一般的な心臓病です。

僧帽弁閉鎖不全症は、肺から左心房に戻って来る血液だけでなく、僧帽弁逆流によって生じた左心房への逆流血液によって拡張期に左心室が充満するため、僧帽弁閉鎖不全症では左心室と左心房に容量負荷がかかります。軽度では明らかな症状を示しませんが、進行すると咳、チアノーゼ、運動を嫌がる、寝ている時間が増えるなどの症状を示します。重度では肺のうっ血、つまり肺水腫(肺に水がたまってしまいガス交換がうまくいかない状態)が認められ、呼吸困難などの症状を呈し、生命に関わる状態に陥ります。

ページの先頭へ

なりやすい品種

高齢犬での発生率が高い傾向にあります。僧帽弁閉鎖不全症はどの犬種でも起こり得ますが、ミニチュア・プードル、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、チワワ等の小型犬種が一般的です。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの発生率は特に高く、若齢時に症状が現れることがあります。

X線画像:心臓病を持たないチワワ
X線画像:心臓病を持たないチワワ
X線画像:慢性弁膜症により心拡大の認められるチワワ
X線画像:慢性弁膜症により心拡大の認められるチワワ
超音波画像:右傍胸骨左室流入路像にて認められた粘液腫様変性により肥厚した僧帽弁
超音波画像:右傍胸骨左室流入路像にて認められた粘液腫様変性により肥厚した僧帽弁
超音波画像:右傍胸骨左室流入路像にて認められた慢性弁膜症の症例(犬)における僧帽弁逆流を表すモザイクパターン
超音波画像:右傍胸骨左室流入路像にて認められた慢性弁膜症の症例(犬)における
僧帽弁逆流を表すモザイクパターン
ページの先頭へ

循環器科担当 高智 正輝


ページの先頭へ戻る