病院・設備について

検査室

原因の究明には最新鋭の検査機器を利用します

原因の究明には最新鋭の検査機器を利用します

検査には大きく2つの使命があります。
ひとつは、病気やけがの起因がわかっているとき、その現状を調べること。
もうひとつは、どこがどのように悪いのかを究明する時、その要因を絞り込むこと。
いずれの場合も、検査は効果的な治療には欠かせません。
診療にあたり一番大切なことは、問診(動物は話せないので一番よく動物と関わっているご家族様が代わりに答えてください)と、身体一般検査(触診、聴診、視診)が、重要です。
しかし、それだけでは解らない病気もあり、そのために、どこが悪いのか?全身を広く浅く調べるためのスクリーニング検査があります。
一般的には、尿検査や血液検査等ですが、動物に痛みが少なく、安全な検査です。もう一つの検査は、確定診断のための特殊検査です。
検査の正確性や動物の状態を考えて、また、経済的なことも考慮して行います。

一般的な検査項目

  • 血液検査
  • 血液生化学検査
  • 感染疾患検査
  • アレルギー検査
  • 細胞検査(腫瘍などを診断します)
  • 輸血前の交差試験
  • レントゲン検査(CR検査:コンピュータによる鮮明な画像が得られます)
  • 糞便検査(寄生虫の虫卵、原虫、ウイルス抗原を調べます)
  • 皮膚検査

特殊な検査項目

超音波検査

超音波検査
  • デジタルカラードップラー装置を設置し、より細密な診断を行います。
  • 腹部検査では肝臓、胆道系、腎臓、子宮、卵巣、膀胱、前立腺、胃腸系、膵臓、副腎などの各臓器に対して、鮮明な画像を見ることができます。
  • また、心臓検査では先天性心疾患、後天性の僧帽弁閉鎖不全症、血管の異常などの早期発見と心臓病の状態把握に役立てています。
  • 眼内についても網膜剥離、硝子体内出血、眼底腫瘍など、眼の異常を検出することができ、診断や内科治療、手術計画に重要です。
ページの先頭へ

CT検査

CT検査
  • 東芝4列マルチスライスヘリカルスキャンCT装置を導入し、犬や猫の断層画像撮影を行うことができます。
  • 多列検出器により3次元でCTデータを再構成することも可能で病態の把握、手術計画の立案に非常に有効です。
  • 頭部、頭頸部、胸部、大血管、腹部、整形疾患、椎間板ヘルニア症例などで、レントゲンでは不明瞭な画像も、CTでは非常に鮮明な画像を得ることが可能です。
  • 撮影には動物はじっとしていられないので、基本的に麻酔が必要です。弱って動けない場合は無麻酔で行います。
ページの先頭へ

微量蛋白質測定

微量蛋白質測定
  • DCA2000という測定機器により、犬や猫の微量蛋白質を測定することができます。
  • 尿中の蛋白質の測定により、腎臓からの異常な蛋白質の漏出を検出する方法です。
  • 腎臓の糸球体損傷および糸球体性蛋白尿の確認ができます。
  • 獣医師の判断により適宜利用されます。
  • 尿に糸球体より蛋白質が漏れ出ると、そのタンパクが間質性腎不全を引きおこし、慢性腎不全にいたります。腎不全の進行の予測とその予防のため有効な検査です。
ページの先頭へ

内視鏡・腹腔鏡検査

内視鏡・腹腔鏡検査
  • 内視鏡・腹腔鏡システムにより、より低侵襲な治療が可能になりました。
  • 内視鏡では催吐できなかった胃内の異物の除去や、胃の内部の観察、サンプルの採取などに使います。原因不明の長く続いている吐き気などは、胃の中を直接見て見ないと状態の把握が難しく、試験的開腹の前に検査を考えます。
  • 鼻腔鏡として利用すれば、CTと併用して鼻腔内の腫瘍などの確定診断に応用されます。
  • 気管支鏡を用いれば、気管内部の状態や洗浄、サンプルの採取が可能になります。
  • 膀胱鏡として利用すれば、膀胱結石の的確に除去することができます。膀胱の石は大きくなりすぎると血尿だけでなく尿道の閉鎖という危機的状況につながります。血尿と頻尿があるなら一度検査をしてみましょう。
  • 腹腔鏡としても利用可能であり、近年、注目を集める機器です。通常の手術と比較すると、腹腔鏡による手術は動物にとって低侵襲でより痛みの少ない方法です。主に、腹腔鏡は避妊手術や肝臓、脾臓、腎臓、腸管、前立腺、リンパ節、胃などの生検にも直径3~5mmの小さな傷で行う事が出来ます。
  • 腹腔鏡を用いた低侵襲避妊手術は獣医との相談により日程が決定されます。動物の体重が1Kg以下では実施する事が難しいことがあります。
ページの先頭へ

ページの先頭へ戻る